ツイッターの設定を見直しましょう!ツイートの危険性は?

Twitterに登録しましたら、まずはご自身で『ツイート』コメントをつぶやくという行為をしたくなると思います。

そこで、『ツイート』の種類と、プライバシー性(公開範囲)はどうなっているかを、ご紹介致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 『ツイート』の種類を把握しましょう!

 通常のツイート方法

① 『普通のツイート』

 

ご自身の呟きを、インターネット上へ発信する行為になります。

ご自身のプロフィール画面からどなたでも閲覧する事が出来ます。(Twitterユーザーじゃなくても)

投稿したものを削除するのも可能、削除しますとプロフィール画面からも消えます。

 

≪操作方法≫

【ホーム画面】→【右上の羽根ペンのマークもしくはツイート】→【コメント入力】

 

 

 

 返信ツイートの方法

② 『返信』

 

誰かの『ツイート』に対してコメントする『返信』行為になります。

このコメントもプロフィール画面よりどなたでも閲覧できてしまいます。

 

≪操作方法≫

【ホーム画面】→【相手のコメントの下にある左曲がりの矢印】→【コメント入力】

 

 

 

 『通知』表示させるツイートの方法

③ 『文内に@ユーザー名を含めた送信』

 

『ツイート』の文の何処かに、『@その方のユーザー名』を記入して送りますと、相手に『通知』として表示され相手が気付きやすくなります。

 

このコメントはプロフィール画面よりどなたでも閲覧できます。

 

 

 

 『通知』表示で『プロフィール』で表示させないツイートの方法

④ 『文内の先頭に@ユーザー名を付けた送信』

 

『ツイート』の文の先頭に、『@その方のユーザー名』を記入して送りますと、相手に『通知』として表示され、プロフィール画面にも表示されなくなります。

 

ですが、宛先となるアカウントのユーザー名で検索をかけますと、そのキーワードを含む@ツイートが表示されます。

 

≪操作方法≫

【相手のプロフィール画面】→【写真の下の羽根ペンのマークもしくはツイート】

 →【コメント入力】

 

 

 

 『送り主と相手先しか観れないように送る』ツイート方法

⑤ 『ダイレクトメッセージ』

 

送信ユーザーと受信ユーザーにしか見れない非公開メッセージになります。

プロフィール画面やタイムラインにも表示されません。

 

≪操作方法≫

【ホーム】→【メッセージ】→【ここからユーザーを検索してコメント記入】

 

 

 

 

 

 まとめ

 

いろんな送信方法がありましたが、Twitterの性質上、ほとんどどなたでも閲覧できますのでその事を、把握した上で、コメントを記入しないといけない、というのがわかりました。

 

唯一『ダイレクトメール』がありますが、個人情報のやり取りには、Twitterを使用しない方が良さそうです。

 

違う用途で十分楽しめます。

 

他の記事でプライバシー設定について、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おすすめ商品を紹介致します。

 

★ デジカメで撮った写真を高品質のデジカメプリント(銀塩写真)!

 

さらに低価格で速やかにお届けするサービス。

 

どんどんプリント こちら ↓↓

 

 

 

 

 

★ スマートフォンとパソコン両方にインストール出来る!

 

スマホとパソコンを守るには こちら ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

★ ミヴァテックは、自宅のドアや窓にセンサーを設置して、異変があれば

 

スマホに通報してくれます。月々の費用がかからない!自分の目で、家の中が

 

確認出来るので安心!!   こちらから  ↓↓

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ