格安スマホから格安スマホへ乗り換えで安くなるかやってみました!④

前回の記事でキャリアスマホ『auのスマホ』から『格安スマホ会社のワイモバイル』へ、スマホを切り換えた時に、どのくらい安くなったかを紹介しました。

 

今回はその『ワイモバイル』の契約がもうすぐ2年になるという事で、更に

『格安スマホ会社』から『格安スマホ会社』へ乗り換えたら安くなるのかどうか?

 

という事を実施してみようと思います。

 

具体的には『ワイモバイル』から『UQモバイル』に変更で金額がどう変わるか

を紹介致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 『ワイモバイル』の良かった点と『UQモバイル』に乗り換える理由は?

 『ワイモバイル』は特に不具合はなかった!

一番最初『au』の携帯を使用していたころ毎月だいたい7,000円くらい支払っていました。

 

それを『格安スマホのワイモバイル』に変更した事で毎月5,000円くらいに節約する事が

出来ました。

 

 

『au携帯』と『ワイモバイル携帯』の細かい比較はこちら ↓↓

 

 

 

 

『ワイモバイル』のスマホは、金額も安くなりましたし、特に通信も遅いわけでもなし

電話も繋がりにくいわけでもなく、十分使い勝手は良かったです。

 

今回変更を考えた理由は契約して2年経つ更新月が来るという事です。

 

現在、毎月のデーター使用量が6GB使用出来るのですが、

これは元々は3GBの契約で『2年間だけギガ数2倍』で使用できますよ、というサー

ビスの適用があったからなりたっています。

 

そこでギガ数2倍が終わってしまうのなら、他の『格安スマホ会社』でも同じく

2年間ギガ数2倍を行っていますので、それなら乗り換えた方がお得、という理由で

今回乗り換えを決めました。

 

ですので特に『ワイモバイル』の2年間は問題無く使えていました、特にどのプランでも

ついてくるサービス『10分間無料通話』はかなり便利なサービスでした。

 

5分間無料通話を行っているところは多いですが『10分間までの通話は何回でも通話料

無料』というのは、あまり行っている格安スマホ会社は少なく、通話料をゼロ円に抑えるのに

重宝していました。

 

 

 

 

 

 『ワイモバイル』を継続してギガ数2倍の適用は出来ないのか?

 

本当でしたら毎月のデーター容量のギガ数2倍を更に延長出来たら良いのですが、今のところ

一度解約して、新規に登録し直さないと出来ない。

 

とワイモバイルの店舗で言われましたので、今回再度『格安スマホ』への乗り換えを決意しました。

 

解約してまた登録がなんだか面倒でして、それなら違う所で同じ条件で金額が安い所があるか

どうか探そう!!という事になりました。

 

 

 

 

 

 乗り換え先に『UQモバイル』を選んだ理由は?

 

数多い『格安スマホ』の中で、『UQモバイル』を選んだ理由は、まず安心できる会社が

いいな~というのがありまして、その点で『UQモバイル』は格安スマホの中でユーザー数

はトップクラスです。

 

そして、大元が『KDDI系列』の会社ですので『au』が大元ですから、これは安心できるな

というのが大きいです。

 

後は金額です、高くなってしまうようでしたら、もう一回『ワイモバイル』にした方がいいです。

 

『ワイモバイル』と『UQモバイル』でプランや金額の比較を紹介します。

 

 

そういえば『ワイモバイル』から乗り換える理由がもう一つありました、スマホ本体にガタが

来ている物があり、タッチパネルがおかしかったり、音声がスピーカーにしないと聞こえなかっ

たりという症状が出てきた機種がありましたので、今回はスマホ本体も購入し直すというプランで

乗り換え先を探しています。

 

 

 

 

 

 『ワイモバイル』で使っていたスマホを『UQモバイル』でも使えるのか?

スマートホン本体自体が調子が悪くなければ、そのまま乗り換え先でも使用できれば

機種本体代が浮きます。

 

『ワイモバイル』と『UQモバイル』では使用している回線が違いますので(ソフトバンクとau)

すぐそのまま使用できるかどうかは、機種によって変わります。

 

それを『UQモバイル』のサイトで調べる事が出来ます。

 

 

UQモバイル

 

上記をクリックして『UQモバイル』公式サイトへ飛びます。

 

 

 サイトの左上の「ご利用ガイド」をクリックします。

 

 

出典:UQモバイル公式サイト

 

 

 

 そうしますと真ん中あたりに「対応機種一覧」があります。

 

そこで現在使用しているスマホを見つけてどの機能が対応しているかなどが分かります。

 

ちなみに私が使用していたスマホは、一応『UQモバイル』でも使用できるのですが

『テザリング機能』(スマホを経由して他のタブレットやパソコン等をインターネットに

接続できる機能)が使用できなくなってしまうようで×が付いていました。

 

『テザリング』機能結構使用しますので、どの道スマホ本体自体の買い直しが必要という

事が分かりました。

 

 

 

 

 

 『UQモバイル』の無料通話のプランは何分?

『ワイモバイル』には、10分間なら国内の大体の相手との通話が無料になるという

契約がありました。

 

 

出来れば『UQモバイル』にも同じく10分間無料通話があって欲しかったのですが

『5分間は何回でも通話無料』しかありませんでした。

 

しかし、この何分無料というプランの他にもう一つ通話に関するプランがありました。

 

 

① 『おしゃべりぷらん』 5分間何回でも通話無料。

 

 

② 『ぴったりぷらん』 月で60分間は通話無料、月で120分間は通話無料、

月で180分間は通話無料と3タイプ(何分かは契約するデーター容量のギガ数に

よって変わります) 

 

 

 

毎月のデーター使用量は、『Sプラン』『Mプラン』『Lプラン』で分かれていまして

それぞれ無料通話量も連動しています。

 

つまり、

 

『Sプラン』→『毎月2GB(2年間ギガ数2倍にしたギガ数)』→60分無料通話。

 

『Mプラン』→『毎月6GB(2年間ギガ数2倍にしたギガ数)』→120分無料通話。

 

『Lプラン』→『毎月14GB(2年間ギガ数2倍にしたギガ数)』→180分無料通話。

 

 

という風になっています。5分の通話無料はちょっと短いですが、『Mプラン』の

月で120分間は無料になるというのは中々良いかなと。

 

大体月の通話時間は2時間以内には収まるだろう、と思い『Mプラン』で進めようと

思います。

 

 

 

 

 

 『UQモバイル』のデータ通信容量と金額は?

上記で記入したように『ワイモバイル』で契約していた毎月のデータ容量6GBに

各当するプランは『UQモバイルのMプラン』になります。

 

『Mプラン』→『毎月6GB(2年間ギガ数2倍にしたギガ数)』→月額3,218円。

 

 

そして機種を防水機能のあるシャープ製のアンドロイドスマートフォン『AQUOS sense』

という機種にしますと何やら『マンスリー割』という割引が入り本体代がほとんど無料状態に

なりました。

 

という事で月額が上記のまま、3,218円で契約できるという事になります。

 

今までの『ワイモバイル』では『機種代2,277円+基本料金3,480円』ここに1,500円の割引が

入り、実質月額が4,257円。

 

ここに両社とも通話料がプラスされますが、それは条件は同じとしまして、『UQモバイル』

の方が毎月1,000円位安くなりそう!!

 

という結果になりましたので、『UQモバイル』への乗り換えを進めようという事になりました。

 

 

 

 

 

 

 まとめ

今回は『格安スマホ』から『格安スマホ』に変えた時を調べてみました。

 

 

どうやら『UQモバイル』の方が安くなりそう!!という希望が出て来ましたので

乗り換えに向けて動いて行こうと思います。

 

実際の乗り換え手順や実際どうだったか、等もこれから紹介していきたいと思います!!

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。エーチュボース!!

 

 

 

 

 

 

 おすすめ格安スマホ『UQモバイル』の契約先はこちら!!

 

★ キャシュバックが付くお得な代理店からの契約は

 

こちらから ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 過去の関連記事はこちら

 

★ 格安スマホとは何か?を紹介しています。こちら ↓↓

 

格安スマホのデメリットは?スマホの買い替えで価格を下げるには?①

 

 

 

★ 格安スマホのメリットデメリットを紹介しています。こちら ↓↓

 

格安スマホのデメリットは?スマホの買い替えはお得になるのか!?②

 

 

 

★ 『キャリア携帯』から『格安スマホ』へ切り替えたらいくら安くなったかを

 

紹介しています。 こちら ↓↓

 

格安スマホのデメリットは?スマホの買い替えで実際選んでみました③

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ