4Kテレビと4K対応テレビは別物!?違いや選ぶ方法&8Kテレビ!

現在、電気店では『4K対応テレビ』、『4Kテレビ』が販売されています。いったいこの二つはどう違うのか?、そして4K放送、8k放送とは何でしょうか?その辺を簡単にご紹介致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 4K・8Kテレビと4K放送について

 4K・8Kの違いとは?

『4K・8k』をすごく簡単にご説明致しますと、現在のテレビで観ている

ハイビジョン映像は『2K』です。

 

数字が上がるほど、画像が鮮やかになります!

 

2K→4Kに上がりますと、画像のきめ細やかさが約4倍になります。

 

2K→8Kに上がりますと、画像のきめ細やかさが約16倍になります。

 

という事で要は、今よりもきれいな画像が観れますよという事です。

 

 

そして次に、この4K・8kは、『映像を映したり撮ったりする機器』と

『放送される電波』の両方にあるので分かりづらいので、この二つを完全に

分けて考えましょう。

 

 

 

 

 

 4K放送とは?

『4K対応テレビ』『4Kテレビ』を購入しただけでは、『4K放送』は観れません。

 

『4K放送』を見る方法は、この記事を書いた現在では、テレビとは別で機器を用意したり、

スカパー等の有料サービスと契約が必要です。

 

現在発売している『4K対応テレビ』『4Kテレビ』を購入しただけで出来る事は、

『4Kビデオカメラ』で撮影したプライベート動画を『4K対応テレビ』『4Kテレビ』できれ

いに観れるといったところです。

 

2Kテレビから4kテレビに変えただけですと、2K放送を4Kテレビで見ているという

事になります。

 

画質はテレビ自体の能力で多少綺麗に見れるようになりますが、4K放送ほどは綺麗に

ならないといったところでしょうか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 4K対応テレビのメリットは?

現在のハイビジョン放送(2K)を、『4K対応テレビ』『4Kテレビ』で観ますと、

テレビ自体の機能で画像を向上させますので、今よりは綺麗に観れます。

 

 

 

 

 

 『4K対応テレビ』はチューナーが必要で『4kテレビ』は内蔵してる!

それでは、『4K対応』と『4K』では何が違うのか?『4K・8K放送』この放送自体を

観るのに必要なチューナーという機器が付いているか、付いていないかになります。

 

『4Kテレビ』は4K対応チューナーが内蔵されています、ただこれだけで『4K放送』が

観れるわけでなく、別でスカパー等の有料サービスと契約をして接続すれば『4K放送』が

観れますよ、ということです。

 

『4K対応テレビ』はチューナーすら内蔵されてませんが、「このテレビでも現状の放送が

今よりは奇麗に観れますよ」という商品です。

 

そして4K放送が観たくなれば、後でチューナーを購入しましょうという事だと思います。

 

 

 

 

 

 

  まとめ

 

現在『4K対応テレビ』『4Kテレビ』を購入しても、現状のテレビがきれいに映るので

メリットはあると思いますが、4K放送自体を目的で購入しない方が良いと思います。

 

もちろん、別途お金をかけても有料の『4K放送を観たい』という方は今すぐ『4Kテレビ』

を購入した方が良いと思います。

 

ただ、今後も地デジ放送が一気に4K放送になるとは考えにくいですので、CSやBS等の

一部の放送で高画質を求めるサービスと思っていた方が良いかなと思います。

 

個人的には、『4Kテレビ』が出た事で、『4K対応していなくてサイズの大きいテレビ』

が安くなってくれれば、それもいいなと思いますので、けして悪いことばっかりではない

と思います。

 

よく検討して選んで頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク


コメントは2件です

  1. mametaro より:

    コメント有難うございます。

    私も2Kで十分綺麗な画像なので2Kでいいかな?なんて思っています。

    今は、有機ELテレビの薄さに惹かれています・・・・。

  2. 阿部圭太郎 より:

    分かりやすく教えていただきありがとうございます、
    自分の視力が落ちています、2K程度というのが妥当
    かな?、と思いました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ