袋田の滝が凍る!凍る滝を観に行ったついでにグルメ紹介します!!

袋田の滝は凍るというのを聞いて、早速見に行って来ました!!結局、袋田の滝は完全氷結には至らず、完全氷結はかなり珍しい事らしく、何年もなってないみたいです。

 

完全に凍りつく滝も見たい事は見たいんですが、半分だけ凍っている滝も

なかなか素敵でした。

 

滝だけでなく、下を流れる川まで凍っていたのにもびっくり!

 

後は、現地で食べた『しゃも』がめちゃめちゃ美味しかったので紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 凍った袋田の滝と凍った川とグルメを紹介します。

 まずはメインの袋田の滝と凍る川をどうぞ!!

凍ってます!凍る川は始めてみました、滝も凄いですがこちらも幻想的です。

 

そして滝と温度計はこちら ↓↓

 

昼ぐらいに到着したので、10℃くらいになっていましてが、滝の表面が凍っています!!

 

 

いや~絶景でした。後、袋田の滝は、滝と言いつつ結構歩きます。かなりなハイキングに

なりますので気を付けてください。

 

後、途中の道で山に登れるような横道にそれた階段があるんですが、上ると地獄です。

 

かなり階段が続き、横は崖なので怖いです。横道にそれるのはやめましょう。

 

それからこんな、芸術も・・・。

 

 

 

 

 滝ではないですが、これも素晴らしい自然のアート!

 

滝ではない、山の岩肌と言いますか、山肌と言いますか、こんなところにも

氷が張っていて、氷柱もできて素晴らしい自然のアート作品!!

 

これは袋田の滝に向かう時に撮った写真です、この後袋田の滝を観終わって

順路どうり歩きますと、この氷の上側に行けるんです!!

 

こんな感じです!!

 

 

見えますかね~めっちゃ水道からホースが出てるんですよ、何本も・・・。

 

半分人工で作ってたんかーい!! 水道の水ぶっかけてたんかーい!!

 

真相は分かりませんがしかし・・・・。

 

 

気を取り直して美味しいグルメ行きましょう。

 

 

 

 

 

 袋田の滝で『アユの塩焼き』と『しゃも』食べました!

 

帰りのお土産屋さんで、『アユの塩焼き』と『しゃもテールの塩焼き』食べました!

 

というか駐車場が無料の代わりに、停めたとこのお土産屋さんかお食事屋さんで

何かしらお金を落とさなければいけないシステムです。

 

でもおいしかったから、大満足です!!

 

一番奥の焼き鶏が『地鶏しゃものテールのやきとり』です。

『ぼんじり』等と呼ばれる、尾骨の周りの肉で、ほんのわずかしか取れない部分で貴重な

物をこんなに串にしています、これがミラクルな美味しさです!!

 

地元の『奥久慈(おくくじ)しゃも』だそうです。子供らが奪い合いをしていました。

 

そして『アユの塩焼き』これも大人の味、にがいのがまたおいしい、骨も頭も全部いけます。

 

そして一番手前がたしか『みそだんご』です。

 

これは、一つも食べれなかったので分かりませんが美味しいはずです、ただ一つも食べれなかった

ので分かりませんが、もう見るからに美味しそうです。

 

ただ、一粒も貰えなかったので分かりません。

 

 

 

 

 まとめ

ここまでが、『袋田の滝』で美味しく頂けたものを紹介しました。

 

とにかく『奥久慈しゃも』は絶対食べてください!!何本でもいけます。

 

柔らかくてジューシーで、一粒しか食べてませんが、夢見るおいしさでした!!

 

 

では次記事は、『袋田の滝』周辺のグルメを紹介致します。

 

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 奥久慈しゃもの通販見つけました!!

残念ながら『テールやきとり』ではないんですが、こちらも絶対おいしいです。

 

 

 

★ 奥久慈しゃも 水炊きセット!!おいしそう!!

 

こちら ↓↓

 

【送料無料】 奥久慈しゃも 水炊きセット 軍鶏 しゃも 鍋 水炊き 奥久慈軍鶏 軍鶏肉 水戸山翠 しゃも鍋 軍鶏鍋 取り寄せ 茨城

価格:10,800円
(2018/1/11 00:06時点)

 

 

 

★ 奥久慈しゃもカレーです。

 

何故かカレー押しなんですよね~

 

こちら ↓↓

 

 

奥久慈しゃもカレー(中辛) 200g

価格:847円
(2018/1/11 00:07時点)

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ