新しい車だとシートベルトでチャイルドシートを固定できないの?ISOFIXとは?(1)

車に赤ちゃんを乗せる時に、助手席の後ろの席にチャイルドシートを取り付けます。この位置ですと子供と二人で出かける時も、運転しながら振り返れば赤ちゃんの顔が見れるので安心です。

 

そして、私なんかの時代はそのチャイルドシートをシートベルトで

固定していました。

 

チャイルドシートを取り付ける座席のシートベルトをめいいっぱい

伸ばして、チャイルドシートをくぐらせて、そのまま手を放すと

シートベルトがシュルシュル戻っていき、一回戻りが止まった位置で

完全にシートベルトがロックされます。

 

一回止まったその位置からシートベルトを伸ばそうとしても、まったく

伸びません。

 

それによって、昔はチャイルドシートががっちり固定されたのですが、

今は、ちょっと造りが違うんです。

 

車の・・・・。

 

そんな事を最近知ったので紹介したいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 中古のチャイルドシートは注意!車に固定できない可能性が・・。

 シートベルトで固定できないなんて知らないから中古薦めちゃった・・。

私がチャイルドシートを使用していた時代と勝手が違うなんて知らないから

「チャイルドシートなんか、BOOKOFFの中古でいいんだよ~。」なんて

中古を薦めちゃいました・・・・。

 

実は、中古のチャイルドシートは要注意なのです!!

 

先ほど紹介したように昔の車は、シートベルトをめいいっぱい引き出して

チャイルドシートを固定する位置で、ベルトを固くしてがっちり停めてたん

ですが。

 

2012年7月あたり、もしくはそのちょっと前に販売されている車は、

ちょっとシートベルトのいようが変わっている可能性があります。

 

シートベルトを全部引っ張り出して手を放して、チャイルドシートを固定する

位置で一回停めても、シートベルトが固まらないんです!!

 

ゆるゆるのままなんですよ~。

 

赤ちゃんグラグラなんですよ!!

 

どうやら、シートベルトではない方法でチャイルドシートを固定する世の中の

流れになっていたようで・・・。

 

ISOFIXって知ってましたか!?

 

 

 

 

 

 

 ISOFIXって何じゃい!?

シートベルトの代わりに、ISOFIXという仕組みで固定します。

 

いそ?いそふぃくす??磯???

 

読み方すらわかりませんが『アイソフィックス』と読みます。

 

このアイソフィックスという物が、物といいますか、引っかけ金具みたいな

小さいバーが2か所ついてまして、チャイルドシート側にも同じく、その

引っかけにガシャンとはめ込む口が付いておりまして、それによってがっちり

チャイルドシートが固定されるという仕組みです。

 

人気チャイルドシートブランドのアップリカさんの公式サイトで、非常に

イメージしやすい動画が紹介されていました。

 

こちら

 

出典:アップリカ公式サイト

 

 

こんな感じで、ガシャンと取り付けるわけなんですよ~。

 

『アイソフィックス』のISOとは、国際標準化機構という事だそうで、チャイルド

シート先進国ヨーロッパでは、主流の固定方法なんだそうです。

 

しかし!!車もチャイルドシートも『アイソフィックス』に対応していないと

付けられないので、ちょっと厄介なんですよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 ISOFIX対応のチャイルドシートって高いんですよ~。

上記の画像でもわかる通り、アイソフィックス対応のチャイルドシートって

ゴツイ固定器具が付いてますんで高いんですよ。

 

しかもチャイルドシートって子供が大きくなるにつれ体の大きさに合わせて

買い換えなきゃいけないじゃないですか!!

 

だから、とりあえず中古で十分なのに・・・・・。

 

私は、子供が大きくなる過程で3種類くらいチャイルドシートを変えましたが

全部中古です。

 

数千円です。

 

アイソフィックス対応のチャイルドシートは安いものでも3万円くらいします

から・・・・。

 

高かああいいいい。

 

車がアイソフィックス対応でなければ、中古のチャイルドシートで可能なのですが

2012年以降の車ですと、シートベルトがゆるゆる仕様ですので、従来のシート

ベルト型チャイルドシートだと危ないです。

 

早く強く瞬間的に引っ張ればシートベルトが固定されますが、緩い車の揺れとかで

すと、シートベルトにロックが掛からない為、チャイルドシートがグラグラで怖い

です。

 

アイソフィックスを推進するのは分かるんですが、元々のシートベルトの機構は替え

なくてもいいんじゃないの!?

 

これは、高いチャイルドシートを買わせる戦略なのかしら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 車がアイソフィックス対応だとチャイルドシートも対応の物を買わないと・・。

ここが一番厄介なんですよ。

 

多分アイソフィックス対応の最近の車ってシートベルトゆるゆる車です

よね~。

 

親戚の新しい車2台ともメーカーが違うけど2台ともゆるゆるでしたから。

 

となるともう、アイソフィックス対応のチャイルドシートを買えって事です

よね。

 

よ~く分かりました。

 

中古のチャイルドシートは買うなって事ですね。

 

という事で、アイソフィックス対応のチャイルドシートを出来るだけ安く

買う為、調べていくことに決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 まとめ

という事で、チャイルドシートのアイソフィックスとはなんぞやという所と

、最近の車に乗ってる人は、アイソフィックス対応のチャイルドシートじゃ

ないと、グラグラで赤ちゃん危ないよ。

 

というのを紹介しました。

 

次の記事では、アイソフィックス対応のチャイルドシートの値段は?

 

そもそもチャイルドシートのメーカーは何処がいいの?

 

等を調べていこうと思います。

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。エーチュボース

 

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ