池上彰ニュースそうだったのか をおさらい!韓国、中国が反日の理由

2017年10月7日放送の、『テレビ朝日』系番組、『池上彰のニュースそうだったのか!!』で放送されました、「世界は日本をどう思っているのか?」にて、『親日国』『反日国』を上げていました。

 

前回までの記事で、『親日国』については、その理由も含め、番組内容を補足するかたちで紹介しました。

 

今回は、いよいよ『反日の国』つまり韓国、中国・・・が何故日本を嫌いなのか・・・非常に気になります・・・番組で取り上げた内容とそれに加えて、理由の方を紹介したいと思います。

 

歴史的背景を知って、理解しましょう!一緒に隣国情報に詳しくなりましょう!

 

 

 

出典:『池上彰のニュースそうだったのか!!』公式サイト

 

 

池上さんのファンクラブこちら

 

池上彰公認ファンクラブサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

世界は日本をどう見ているのか?『反日』の理由は?

『反日の国』を紹介!

 

反日のイメージの国といえば・・・・この三カ国でしょう!

 

 

『韓国』、『中国』、『北朝鮮』

 

 

何となくイメージでは、日本はすごく嫌われている・・・でも何故でしょう・・・過去の戦争のせい?時代背景も含め理由を紹介していきます。

 

 

 

『韓国』が日本を嫌いなのは・・・・韓国政府の教育のせい?

 

番組では、『韓国』が反日になっている理由として、日本に統治されていた時代がある事と、戦後の教育で徹底的に『反日』を植え付けてきたから・・・と紹介していました。

 

どうしてそうなってしまったのか・・・日本が侵略したから悪い事したからしょうがないじゃん・・・と教わってきました・・・日本政府も謝りがちです・・・・確かに侵略して植民地化して他国を日本化して・・・というのは良い事じゃありません。きっと当時は酷い事もしているもと思います、しかしそれだけではなかったというのもしっかり知っておかなくてはいけません。

 

番組をみて気になったので更に深く掘り下げてみました・・・・。

 

簡単に、日本と韓国の歴史を振り返ります。

 

 

 

韓国と日本の争いの歴史は?

 

簡単に振り返りますと、

 

まず、『韓国』のむかしから、当時、朝鮮半島(北朝鮮・韓国と分かれていない時代)の百済(くだら)高句麗(こうくり)新羅(しらぎ)などが、936年に『高麗(こうらい)』として統一、1259年高麗がモンゴル帝国(現在の中国も含む大帝国)に降伏。1271年モンゴル帝国の国号が『元(げん)』になる。

 

 

ここで日本登場、1274年と1281年に『元(モンゴル帝国)』と属国『高麗王朝』が『日本の鎌倉時代中期の九州北部』に侵攻してくる『元寇(げんこう)』。この時は日本が勝ち、連合軍は撤退したらしい。

 

 

1368年中国?が『元』から『明(みん)』へ、1392年に朝鮮半島は『高麗』から『李氏朝鮮』となり、朝鮮半島は、明(中国王朝)を中心とした柵封体制(中国を中心とした保護国の属する体勢)の下となる。

 

 

ここで日本登場、1592~1593年、日本の豊臣秀吉が『明』の征服を目指し『李氏朝鮮』と戦争を起こす『文禄の役』この時は休戦。

1597~1598年に再び開戦、秀吉の死により、日本撤廃『慶長の役』。

 

 

1644年いろいろあって、中国、『明』から『清(しん)』の時代へ。

 

 

ここで日本登場、1894年『日清戦争』開戦。この戦争で日本は『朝鮮半島』を「独立させたし」と中国に攻めよったとされていますが、まあ日本も『朝鮮半島』を植民地化したかったのでしょう。

 

 

この戦争で日本が勝ち、初代総理「伊藤博文」が下関条約『日清講和条約』を結び、朝鮮半島の『柵封体制』を解き、

独立させた。この時に『台湾を植民地として日本が獲得』。

 

 

 

それにより1897年『李氏朝鮮』は『大韓帝国』(北と南でまだ分かれていません。)となる。

 

 

1905年『日露戦争』発生。ロシアが朝鮮半島に手を出してこようとしたため、日本が朝鮮半島を独占する為に、争った戦争、日本が勝利。

 

 

『大韓帝国』は、1910年~1945年の35年間、日本に統治される。

 

 

この時代を『反日』の方達は今も怒っているわけですね、約72~107年前の話です。実際ひどかったのかは後で紹介しますので、とりあえず歴史の流れの戻ります。

 

 

1945年、日本は『第二次世界大戦(太平洋戦争)』にて敗北、朝鮮半島から撤退。

その後、朝鮮人による国家を造る為『朝鮮人民共和国』を樹立するが、アメリカが承認を拒否。

ソ連軍が朝鮮半島の北緯38度線より北を支配、それより南側をアメリカ軍が支配する。

 

1948年、ソ連に統治された形で『朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)』、アメリカに統治された形で『大韓民国(韓国)』が樹立。

 

 

1950年、北朝鮮軍が南侵する事で、『北と南』で『朝鮮戦争』が勃発。1953年停戦。

 

 

そして現在に至る。

 

 

 

韓国を統治した時に日本は良い事もしているのです!!

日本は韓国(朝鮮半島)を占領していた時、すごくひどい事をした!だから反省するべきだ!と何となく教育されてきましたが・・・・じつはいい事もしてるんですよ!日本は・・・!だって台湾やインドネシアでもしてたもん!感謝されてるもん!

 

主に行った事は・・・鉄道、道路、上水道、下水道、電気インフラ、病院、学校、工場など、最新鋭のインフラの整備を行い、近代教育制度や近代医療制度の整備を進め、朝鮮半島を近代化していった!

 

それを裏付けるように・・・衛生面では、生活面における衛生指導や集団予防接種が行われ、当時朝鮮半島で流行していたコレラ、天然痘、ペストなどの伝染病による乳児死亡率が減少し、平均寿命は24歳から56歳まで伸びた。

 

平均寿命が24歳だったんですよ!それが56歳に!人口も爆発的に増えたそうです!

 

そして水田の環境が整えられ米も輸出できるほど生産でき、米の輸出で得た多額の資金を元手に1938年に李秉喆(イ・ビョンチョル)という方が『三星商事』を設立したと・・・・そうです家電とかで有名な『サムソングループ』です!!・・・・サムソン・・・・日本のおかげじゃんか・・・・!!なにさっ!!

 

などなど、考えますと・・・いろいろ占領されて嫌な事もあったでしょうが・・・・いい事もあったっしょ!!

 

今から72年~107年くらい前の話ですから、今現在90歳代くらいの人か・・・80歳代の方が、10歳とか20歳前くらいの頃だと思いますので・・・覚えていらっしゃるのでは!!いいとこもあったでしょ日本!!、と聞いてみたいですが・・・証言してほしいですが・・・そこにもそうならないように『反日教育』がされていたのです!

 

 

 

韓国の反日教育は初代大統領から、ずぅーと行われている!

1948年にアメリカがバックに付いた形で、『大韓民国(韓国)』が樹立しましたが、この時、初代大統領になった『李 承晩(り・しょうばん、イ・スンマン) 』!この方が、『反日』を植え付けたのです!

 

番組でも紹介しておりましたが、日本が統治していた時代、1910年~1945年に、この方は韓国には、ほとんどおりませんでした。

 

アメリカにいまして、アメリカが大統領に推薦した感じもあるようです・・・。そして極端な『反日』教育を始めます、まず韓国はすごいのだと、歴史上、中国(清)に属していた国だったという事もかき消されます・・・ずっと韓国はすごかったと・・・そして日本を追い出したと教育されます。

 

清の支配からの解放、日本の統治時代の発展など記載されません。もし真実を教えてしまうと、『その頃の時代は良かった』と韓国の国民が思ってしまい、政権が危うくなるからですね。

 

台湾とかはきちんと真実を教育されているので、『親日』になってくれる方がいらっしゃるのです!

 

そして当時、韓国では日本を良く思っている事を口にしただけで、反政府分子と同様に政治犯となり、投獄させられていたそうです。

 

独立直後は、日本の朝鮮統治時代を具体的に知っている韓国国民が大多数だったが、こうした政治的弾圧から今の韓国では親日派が社会的に抹殺されるに等しくなってしまったという事になります。

 

ですので、当時を知っている方に、日本は良い事もしてたでしょう!と聞いても、そんな事は言えない理由があったわけです、ですので、今の韓国の方の『反日』はいたしかたない事です!

 

だってそういう教育をされてきてるんですから・・・政府が悪いんです!

 

 

 

そして日本の教育もダメダメ教育にされていた!

そして韓国の方々だけでなく、『日本』も実は、教育をコントロールされてきた国です。何となく大日本帝国時代の日本は話しちゃいけない・・・なんか暗い過去・・・各国に申し訳ない・・・過去・・・ダメな日本・・・。

 

なんてな感じで、言葉に出しただけでも怒られるような・・すごく怖いイメージを植え付けられてきました。

 

それは・・・第二次世界大戦敗戦後に日本に来た『GHQ』!!、GHQとは「連合国軍最高司令官総司令部」とうたってますが、ほとんどがアメリカ軍人とアメリカ人です。

 

GHQが何しに来たかと言いますと、

 

総司令部の最大の目標はアメリカにとって脅威となる日本の軍事力解体で、日本を中立・非武装化して中華民国をアジアの中心となし、軍国主義を廃して親米的な国家へ創り変えることであり、マッカーサーは『上からの革命』と称し「当初は日本を工業国から農業小国に転換し、アメリカの市場とするつもりだった」と後年に語っている

出典:ウィキペディア

 

という事です。

 

そしてこの『GHQ』が行った事が、『WGIP』ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム、長い名前ですが・・・・『戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画』!!なんだそうです!

 

だからか!!それでなんか日本は良かれ悪かれ、弱気なのかい!!

 

 

こんな事実は、独自で歴史を調べたりしないと教えてもらえないわけです、『GHQ』が造った組織として現在も存在する『日教組(日本教職員組合)』があります、義務教育ですでに『WGIP』されてるわけですよ!

 

なるほど・・・そうか・・・そうですよね・・・アメリカさんだって日本人をいいように洗脳したかっただろうし・・・もうされちゃったしょうがない・・・・でも知れてよかった!!早めに知れてよかった!!

 

 

 

まとめ

 

というわけで、長くなりすぎてしまいましたが・・・・結局・・・・『韓国』だけじゃなく『日本』も同じく洗脳されていた・・・が調べた結果でした・・・・。

 

結局・・・『アメリカ』が一番最悪なんじゃ・・・・。韓国の反日教育もアメリカがやらせたんじゃ・・・・。

 

なんて・・・。

 

番組でも『アメリカ』は親日じゃない・・・アメリカ人はアメリカ人しか好きじゃないとやっていました・・・。

 

なるほど・・・絶対アメリカ人に隙を見せないようにしましょう。

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ