facebookで投稿する前にfacebookアカウント確認!登録は偽名?実名?

Facebookは実名登録のSNSとしても有名です。すべてのユーザーが基本は実名登録しています。そして、最初の設定段階でありとあらゆる個人情報の入力を迫られます。

 

出身地、卒業した学校、趣味、職場・・・・。

 

そしてその入力した情報を元に、同じような経歴の人や趣味のあった人を

インターネット上で結びつけるというツールです。

 

しかし、便利な半面、自分のプロフィールをインターネット上で公開する

という行為は、相当なリスクを伴います。

 

では、偽名で登録が出来るのか?・・・・・。

 

その辺を紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 フェイスブックの登録について

 フェイスブックを偽名で登録すると?

では、ご自分の登録を偽名にするとどうなるか、Facebook側では禁止されていますので

ばれてしまえば、アカウント停止になります。

 

ただ、ばれるというのは、誰かからFacebook側に通報があってようやく発覚します。

 

つまり、一人一人実名かどうかチェックする事はできませんし、チェックもしていないと思います。

 

そもそもFacebookは、自分から個人情報を発信して繋がりを待ちます。

 

今は疎遠でいつの間にか連絡の取れなくなった友人とFacebook上で数年ぶりに連絡が取れたとか。

 

同じ趣味で集まってFacebook上で連絡を取り合う、という風に使われます。

 

関係を広げたり、共有したりするコンテンツですので、偽名では昔の友人とかとは繋がれません。

 

 

ですので通常どうりFacebookを使用する場合は偽名では成り立ちません。

 

しかし、実際『規則違反』ではありますが、偽名での登録、嘘のプロフィールでの登録は可能です。

 

しかしそれで意味があるのか?、という所だと思います。

 

 

そうしますと、偽名で使用する場合は、Facebook上だけでの関係を楽しむ場合とか、

あまり公にできない関係を保つのに使用するぐらいしか、思い浮かびません。

 

後は、犯罪、なりすまし、ですね。

 

そういう事は禁止されていますが、実際は出来てしまう、『誰々さん』と思って

連絡取っていた人が全然違う、なりすましの人だった・・・・。

 

なんて事が起きるわけです、恐ろしい世界です。

 

 

ただ知り合いや家族にばれたくない、会社とかにも公にしたくない、けれど

Facebookをやってみたい!という理由で偽名で登録して使用している人は

いっぱいいると思います。

 

法人名やハンドルネームで運用する方も多いです。

 

 

 

 

 

 危険性を知った上でFacebookを使う。

自分が、偽名で登録できるのならば、相手も出来るわけで、便利な半面色々な危険が

考えられるのもFacebookの特徴です。

 

例えば、検索エンジンで『自分の名前』を検索すると、Facebookのプロフィールが

表示されるのをご存知でしょうか。

 

アカウントを持ってない人でも、誰でもプロフィールとプロフィールの写真が見れてしまいます。

 

世界中の人が見れてしまうって恐ろしいですよね・・・。

 

ですので公開したくない情報は、徹底的に削除するか、公開させない設定にする必要があります。

 

電話番号やメールアドレスも出来れば、Facebook専用の物を用意したいです。

 

 

 

電話番号は難しいですが、メールアドレスでしたらお金をかけず、Facebook専用のアドレスを

用意できます、しかも割と簡単に。

 

『フリーメール』というメールアドレスを使います。

 

 

 

 

 

 フェイスブックをフリーメールで登録!

まず、Facebookに登録するには携帯番号かメールアドレスが必要になります。

 

そこで、携帯番号は個人情報になりますので、なるべく登録せず、メールアドレスでの登録にします。

 

 

そしてここで登録するメールアドレスは、『フリーメール』というメールのアドレスを新しく造り、

Facebook専用として使い登録します。

 

 

『フリーメール』とは、無料で使えるメールアドレスの事で、誰でも登録できます。

 

グーグルのgmail(ジーメール)、でしたりヤフーのyahooメールといった物がそうです。

(インターネット環境があればどこでもログインして閲覧できるメールです。)

 

手軽に簡単な登録でメールアドレスが取得でき、いつでもメールアドレスを削除できる。

 

匿名でメールアドレスを作ることも可能で、非常に便利で私も重宝しています。

 

 

今回は、グーグルのGmailを使用します。

 

登録方法のページはこちらです。

 

Gmailの作成・登録手順

 

作成する時に、ニックネームで作成しましょう。gmailにも個人情報はなるべく登録しない。

 

これで、メールアドレスが用意できましたので、Facebookアカウント登録画面へ移動します。

 

 

Facebookアカウント登録

 

名前の登録は漢字ではなく、ローマ字で入力しましょう。

 

漢字ですと検索されやすかったり個人を特定されやすかったりする為です。

 

詳細設定は別記事にて、ご紹介致します。

 

 

 

 

 

 まとめ

 

結論としては、フェイスブックは実名必須と言われておりますが、

ニックネームで登録など、設定次第で実名を隠す事も出来ます。

 

たくさんの人と繋がるのが、そもそもの目的ですから、公開したくない情報や

写真を載せないように気を付けて使用すれば、便利なツールだと思います。

 

ご自身以外の人に勝手に個人情報を載せられてしまった時などは、

フェイスブックへ削除依頼をする方法などもありますので、

もしもの為の対策で知っておいた方が良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 おすすめ商品を紹介致します。

 

★ スマートフォンとパソコン両方にインストール出来る!

 

スマホとパソコンを守るには こちら ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

★ ミヴァテックは、自宅のドアや窓にセンサーを設置して、異変があれば

 

スマホに通報してくれます。月々の費用がかからない!自分の目で、家の中が

 

確認出来るので安心!!   こちらから  ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ