ツイッターのプロフィール公開範囲の設定には気をつけましょう!

前回の記事、『ツイッターをフリーメールで登録!』にて、フリーメールを使用して、仮名でTwitterのアカウント登録を実施して、ログインするところまで行きました。

 

次に、最初に『スキップ』をして入力していなかった、部分を入力したいと思いますが、ここからは、このアカウントをどの様に使うか、によって変わってきます。

 

 

 

 

 ツイッターを始める前に注意する事があります!

 おすすめはアカウントを2つ持つ!

Twitterで『ツィート(つぶやいた)』したコメントは、他の方が、見ようと思えば誰でも見れます。

Twitterユーザーじゃなくても見れてしまいます。

 

誰かの『ツィート』を見るだけでしたら、足跡は残りません。

 

ですが、その『ツィート』に対して『返信』をしたり、お気に入り登録の様な『フォロー』をしたりしますと、その方の『プロフィール画面』から、ご自身の投稿が閲覧できます。

 

ご自身の『プロフィール画面』にも現在『フォロー』しているユーザーとして表示されますので、「こんな人をフォローしてるんだぁ」等と誰にでもチェックされてしまいます。

 

気にしない方は、問題ないのですが、ご自身が使用しているアカウントだと知られたくない方は、アカウントを分けて使用する事をおすすめ致します。

 

  • 1つ目のアカウントは、『知り合いにも教えない完全個人的アカウント』、こちらは完全に本音で投稿出来るアカウントとして、趣味の為のアカウントとして使います。

 

  • 2つ目は、ペンネームでアカウントを造りますが、友人や知人に、教える』アカウントです。

 

Twitterは、複数アカウントが持てますので、友人や知人に見られたくない事もあったりしますので、ちょっと面倒ですが、2つあると便利です。

 

少しでも個人情報漏洩のリスクを減らす為、両方ともペンネームで造りましょう。

 

 

 

 

 プロフィールは何処まで公開されてしまうのか?

Twiiter会員でなくても、誰でも見れてしまう、Twitterのプロフィール画面ですが入力する項目をご紹介致します。

 

① 名前    

② ユーザー名(@から始まるIDです。)

③ 自己紹介コメント

④ 場所

⑤ ホームページ

 

上記は、常に表示され、皆さんが閲覧可能です。

 

⑥ テーマカラー

⑦ 誕生日

 

誕生日は、入力しなければ、登録した日にちが表示されます。

入力した場合でも、公開範囲が下記より選択できます。

 

  • 『公開』(どなたでも閲覧可能)
  • 『フォロワー』(ご自身をフォローしてくれているユーザー)
  • 『フォローしているユーザー』(ご自身がフォローしているユーザー)
  • 『相互フォローユーザー』(お互いでフォローしあっているユーザー)
  • 『自分のみ』

 

後は、なるべく個人情報には注意して、状況に応じて設定して頂きたいと思います。

 

 

 

 プロフィールの設定場所は?

プロフィールの設定、変更場所はこちらです。

 

【ホーム】→【ご自身のお名前クリック】→【プロフィールを編集】

 

 

 

 

 まとめ

ツイッターは基本的に誰でも見れてしまう、公の場である事を意識して、個人情報の入力時は、本当に公開して良いかどうかを再度確認して頂いてから、実施して頂きたいと思います。

 

送付写真なども注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おすすめ商品を紹介致します。

 

★ デジカメで撮った写真を高品質のデジカメプリント(銀塩写真)!

 

さらに低価格で速やかにお届けするサービス。

 

どんどんプリント こちら ↓↓

 

 

 

 

 

★ スマートフォンとパソコン両方にインストール出来る!

 

スマホとパソコンを守るには こちら ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

★ ミヴァテックは、自宅のドアや窓にセンサーを設置して、異変があれば

 

スマホに通報してくれます。月々の費用がかからない!自分の目で、家の中が

 

確認出来るので安心!!   こちらから  ↓↓

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ