楽天カードでお得に通販しましょう!楽天銀行カード登録方法 ③

前回は、楽天カードの登録方法をご紹介致しました。今回は『楽天銀行』で口座を作り、楽天市場など通販で購入した代金を、その口座から引き落とす。

 

通販専用の口座を作る為の申し込み方法を紹介します!

 

そこまでする必要はないかな~とも思いますが、口座を分ける事でカード使いすぎ防止になりますし、

楽天銀行口座で「入金、出金」しますと、楽天ポイントが付いたりするサービスもあります。

 

そして『家計』の銀行口座と通販で使用した分の口座を分ける事で、何となく詐欺とか

過剰に引き落としされたりとかいう危険も避けれるかな。

 

という事で私は、実際口座を分けているので、それをお勧めしたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

楽天銀行カード登録方法は?

楽天銀行カード申し込み前に、メールアドレス用意!

こちらの登録にも、メールアドレスが必須ですので、やはりフリーメールで専用に作る

事をお勧め致します。

 

今回は『Gメール(グーグルメール)』の登録方法を下記に記載しています。

 

 

 

では、早速、楽天銀行のサイトに行ってみましょう。

 

 

 

楽天銀行カード申し込み手順!

 

① 『楽天銀行カードお申し込みサイト』をクリック致します。

 

 

② 「楽天会員でない方~」をクリックします。

 

 

 

③ 「お客様情報を入力」を入力します。

 

 

④ メールアドレスに『Gメール』を使用するようでしたら、「その他」を選び入力します。

 

 

⑤ 「本人確認方法」は、「アプリ」を選びますと簡単に済みます。

口座を開設する為に、免許証かマイナンバーカードなどのコピーを送るのですが、

「郵送」か「アプリ」かを選べます。

 

「郵送」ですと、ちょっと時間がかかります、「アプリ」ですと、

ご自身のスマートフォンに楽天のアプリをダウンロードして、

そのアプリで読み込ませた画像を送りますので、その場で処理が終わります。

 

ですのでアプリをお勧めします。

 

まずスマートフォンに楽天銀行アプリ』をインストールして、免許証を読み込ませます。

 

後は手順通り、送信しておしまいです。

 

ちょっとアプリに抵抗がある方は、時間はかかりますが郵送行ってください。

 

 

 

⑥ 次にカードを選びます。ここは「クレジット機能付きキャッシュカード」がおススメです。

 

チェックを入れます。

 

 

⑦ 最後のオプション選びはお好みで選んでください。

 

ポイントが付いたり特典があったりしますので確認してみて下さい。

 

チェックしましたら「次へ」をクリックします。

 

⑧ これで入力は完了です、後は実際に本人確認情報を送信して、手続き完了となります。

 

⑨ こちらも10日ほどで、郵送で書類が送られてきます。メールも届きます。

 

 

以上で、銀行口座開設が完了です。

 

キャッシュカードとクレジットカードが一枚になったものが届きます。

 

この後、楽天会員登録をして支払いでそのカードと口座を登録しますと、

『楽天市場』でのお買い物が可能となります。

 

 

 

上記にて、「楽天会員に登録する」→「メールアドレス・ユーザーID・パスワード」を決め入力します。

ここで決めた『IDとパスワード』で『楽天市場』にログインしますので、忘れずに保管してください。

 

 

 

 

会員登録完了しますと、ログインして支払い方法や自身の楽天カードを登録できます。

 

上記が『楽天市場サイト』です。

 

ログインしないと買い物はできませんが、商品検索などは出来ますので見てみて下さい!

 

 

まとめ

これで、楽天カードを使い楽天市場で買い物でき、楽天の口座で引き落とす

という流れが出来ました。

 

これだけの作業で、『楽天市場』での買い物時、ポイント4倍になるはずです。

 

100円で4ポイント付きますので、100円で4円返ってくるという事です。

 

大したことないように思えますが、通常で4倍ですから、時期や店舗によっては

更に何倍か付くときもあります。

 

全部無料で出来ますし、私自身は、非常に便利に使わせて頂いておりますので、

もし興味がある方は実施してみて下さい!!

 

楽天ライフを堪能して下さい。

 

ちなみに『楽天市場』での買い物の時は送料に注意しましょう。

 

送料無料と書いていなければ必ず別途で送料が取られます。

 

送料無料になる金額で購入するか、『アマゾン』で同じ物がないか確認してみてからにしましょう。

 

アマゾンは大体送料無料ですので、うまく二つを使い分けて、通販しましょう!

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ