レイの親が明らかになったけど、スターウォーズ8/最後のジェダイねたばれあり感想

2017年12月15日公開『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』を観て一ヶ月以上が経ちました。期待と興奮と寂しさと色々感情がありますがようやく冷静になれそうですので、感想を

書いてみたいと思います。

 

 

感想を書くにあたって『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』の作品の

内容にも触れます。

 

ネタバレが発生しますので、まだ『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』を

観ていない人やこれからスターォーズシリーズを観たい、内容を知りたくないという方は

読まないでください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』ネタバレ感想

 『スカイウォーカー物語』からの抜け出す事に拒否反応が・・・。

出典:スターウォーズ公式サイト

 

 

まず最初に・・・・。

 

今回の『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』、個人的にはちょっと

もやもやしたものが残ってしまいました。

 

あと寂しい気持ちが強い、前作『スターウォーズ/フォースの覚醒』でハンソロが

死んでしまうのですが、その時の数十倍、ルークが死んでしまった事にショックを

受けてしまって、中々気持ちの整理が付きません。(どんだけ好きなんだ・・・。)

 

スターウォーズの新三部作『スターウォーズエピソード1/ファントム・メナス』で

スターウォーズの世界に魅了されファンになり。

 

『スターウォーズエピソード2・3』でアナキンとオビワンの関係に号泣、この二人

に感情移入して生きてきました。

 

その思いをアナキンの血を継ぐルーク、おじいちゃんのオビワン(ベン)に見守られてきた

『ルーク』に託し、もうおじいちゃんだけど『ルーク』を子供のように見守っていました。

 

そう考えるとスターウォーズって不思議な作品です、ルーク役のマーク・ハミルはだいぶ

年上なのに、なんか息子のように感じる。

 

ですから、冒頭の『レイ』に出会ったルークの反応最高でした。

 

ベイダ―卿になってしまった父親アナキンに右腕ごと切り落とされ行方不明になっていた

元々父親のアナキンが使っていた今はルークの『青いライトセーバー』を今度は『レイ』が

『ルーク』の元に届けるという、ファンの私からすれば鳥肌の場面。

 

その『ライトセーバー』を受け取ったルークは「こんなもんいらん」って感じで放り投げます。

 

これが実にルークらしくて、最高の反応です。

 

『レイ』同様失望した人が多くいると思いますが、ここら辺が実にルークらしい。

 

エピソード4・5・6で『おじいちゃんオビワン』や『ヨーダ』にフォースを習う時も

、すぐ投げ出しがちだし、言う事きかないし。

 

でもいざという時は、かっこ良く決める、でも本当は自分勝手で精神的に弱いのがルーク。

 

その人間臭い部分が、ルークの良さですよね。

 

おじいちゃんルークも現実と向き合うのがいやで引きこもります。

 

この嫌な現実というのは、ジェダイとして育てようとした『カイロ・レン』が暗黒面に

落ちてしまったからなんですが。

 

あのルークが、平和な世界になった後しっかりジェダイを育てようとしたんだ、弟子を

もったんだ~と感動。オビワンもヨーダもいないなか、偉かったね、頑張ったね。

 

と私は泣きながら褒めてあげます。

 

そんなルークの空白の30年の苦悩や『ジェダイ』という存在意義の答えを出せずに

引きこもったルークの気持ちが痛いほど分かり感動しました。

 

ですので、この前半のレイとルークのやり取り、もどかしかったですがすごく好きな

シーンです。

 

「早く修行してあげなよ~」って思いましたよね。

 

 

今回の『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』の最大の注目ポイントは

『レイ』の親は誰なのか。それが明らかになるのか、でした。

 

作品中で『レイ』の親は『酒を飲む金欲しさに娘を売った名もない普通の人間』そして

『もう墓の中にいる』と判明しました。

 

ここでルークやレイアと繋がりのない娘という事が決定的になり長く続いた『スカイウォーカー』

物語が終わるのかな・・・・。と寂しくなりました。

 

いや『カイロレン』は残ってるんですけど・・・。なんか『レイ』に引き継いでほしかったんです

よね・・。

 

最初にレイ役のデージー・リドリーを観た時眼がルークに似てるから選ばれたんだな~とか

勝手に思って、何処か血縁関係がある設定だろうと思っていたので残念です。

 

ルークはまだ生きていて欲しかった、死んでしまうなら『レイ』が娘であってほしかった。

 

しか昔のジェダイは子供とか結婚とかしちゃダメだった気が・・・。

 

矛盾していますが『スカイウォーカー物語』が終わってしまうのは寂しいという思い

レイの出生にあまりストーリーが無かったという所に寂しさが残りました。

 

 

 

 

 

 『カイロレン』と『ルーク』の過去をスピンオフに!!

出典:スターウォーズ公式サイト

 

そこで期待したいのが、唯一残った『スカイウォーカー』の血筋『カイロレン』です。

 

かつて私が魅了された、『スターウォーズエピソード3』でアナキンとオビワンの間で繰り

広げられた悲しく苦しく切ない師弟の戦い。

 

これを『ルーク』と『レン』に求めたいところですが、まだまだストーリーが足りない!

 

アナキンの心の変化を『スターウォーズ1・2・3』でゆっくり時間をかけて描いたのに

比べますと、まだまだ二人の関係に感情移入できません。

 

 

 

最後の二人の対決シーンは良かったと言えば良かったのですが・・・・。

 

是非ともサイドストーリーでレンを鍛えていた時のルーク、二人の修行の様子を物語にして

ほしい!!たぶん無理だろうけど・・・・。

 

でもマークハミルが元気なうちに是非。

 

 

 

 

 

 スターウォーズ/エピソード9への期待!!

 

 

『スターウォーズ7/フォースの覚醒』は基本すべて謎に終わったのですがそれでも

昔のスターウォーズの雰囲気が引き継がれていて感動しました。

 

そしてスターウォーズっぽく何かを臭わす、スターウォーズファンを喜ばす演出が

ありました。

 

例えば、レイが『青いライトセーバー』に触れた時のフラッシュバックのシーンで

『スターウォーズエピソード1・2・3』でオビワンを演じたユアン・マクレガーの声を

使ったり。

 

オビワン、ファンの私はこれが個人的に相当嬉しかった~。

 

 

そしてこの『青いライトセーバー物語』とレイが訪れた時に止まっていた『R2D2』が

再度動きだした・・・・とか。

 

ただフォースが強い『レイ』だからおこった出来事かもしれませんが、何かアナキン→

ルーク→レイの関係にもうひとストーリーあるんじゃないかと期待している自分がいます。

 

今回の『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』で『青いライトセーバー』が

壊れて爆発してしまいました、それはやはりそういう繋がりは無いんだよ、という事を

象徴させようとした演出なのか。

 

それでも期待しちゃいます。

 

スターウォーズエピソード9では、再度J・J・エイブラムス監督に戻るそうです。

 

ルークとレイの親子説を復活して頂けないかな~J・J・エイブラムス監督ならできる!

 

 

 

 

 

 

 まとめ

いやーとりあえず・・・・・。

 

ただただ個人的な感想を書いただけの記事になってしまいましたが。

 

まあ個人的にスターウォーズ1・2・3が好き過ぎてファンになった私ですので、

古臭い考えのジェダイが大好きだったんです。

 

ですのでこれからの『スターウォーズ』にはちょっと着いて行けないのかもしれません。

 

 

是非是非、皆さんの感想を聞かせてください。

 

『スターウォーズエピソード8/最後のジェダイ』どうでしたか。

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 過去の作品が面白い!!特にエピソード1・2・3を観てください!!こちらから

 

 

 

★ きっと過去の作品がまたみたくなります。

 

そんな時は、とりあえずエピソード1~6まで

 

こちらです。↓↓

 

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション 9枚組(初回生産限定)【Blu-ray】 [ マーク・ハミル ]

価格:10,800円
(2017/12/18 01:15時点)

 

 

★前作エピソード7、必ずまた見たくなります。

 

こちらから ↓↓

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX【初回版】 [ ハリソン・フォード ]

価格:4,258円
(2017/12/18 01:17時点)

 

 

 

★そしてスピンオフ作品、エピソード9が公開するまで

 

これを見て待ちましょう。 こちら ↓↓

 

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(通常版) [ フェリシティ・ジョーンズ ]

価格:4,258円
(2017/12/18 01:21時点)

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ