インターネットの選び方!ネットに繋ぐ方法と種類を紹介!①

自宅でインターネットを使用する方法は、何種類ぐらいあるのでしょうか?いざインターネット環境を整えたいとなった時に、まず何をすれば良いのか?で迷うと思います。

 

 

私も実際に、自宅でインターネットを使おうと思ったときに、こんな事で悩みました。

 

まず、どんな方法があるのか。

 

どういう方法を選んだら良いのか。

 

どういう契約が必要か。

 

業者が多すぎて何処へ頼めばいいのか。

 

等々、そして出来る事なら金額を『安く』契約したい!と思いました。

 

そこで、新しく自宅にインターネット環境を整える為に、真剣に良い方法を探してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まずインターネットを使う為の方法を選びましょう!

インターネットは『回線の契約』と『プロバイダーの契約』の二つが必要!

 

ちょっと分かりにくいのですが・・・・。

 

インターネットは、回線工事をした後、そこへパソコンをつなげれば

『はいインターネットに繋がる!』というわけではありません。

 

回線工事をした後に、『インターネット接続会社(プロバイダー)』から、

インターネットにつなぐ為の『アカウント』と『パスワード』を貰います(有料月額)。

 

そして、『ルーター』と呼ばれるインターネットに接続するための装置に、

その『アカウントとパスワード』を入力して、ようやくインターネットに繋がります。

 

面倒くさいんです・・・・。

 

ですので、掛かる費用は『回線使用料』と『プロバイダー契約料』の二つになります。

 

色んな業者で月額を比較するときに、この月額は『プロバイダー契約料込みなのか?』の確認を

必ず、する必要があります。

 

 

 

 

自宅でインターネットを使う為の方法は?

 

次に自宅でインターネットを繋ぐ為の方法はいくつあるか?です。

 

どれも、良い部分、悪い部分がありますので、一番使いやすい物を選びましょう!

 

大きく分けて、こんな感じです・・。

 

 

 

① 光回線を自宅に引く

 

自宅までインターネット回線を引っ張ってきて繋ぐタイプで、一番ポピュラーな方法です。

 

『戸建タイプ』と『マンションタイプ(集合住宅)』の二種類があります。

 

『マンションタイプ』の方が金額が比較的安いです。

 

 

【デメリット】として、業者さんにインターネットの配線工事をして貰わないといけません。

 

そして工事の日程がだいぶ先にされてしまう事も・・・・。

 

戸建ですと1ヶ月くらい待たされる事もあるようです。

 

 

【メリット】としては、通信速度が一番早く、接続が安定しています・・・・。

 

定額でインターネット繋ぎたい放題ですので、『金額や使用ギガ数』などを気にしなくて済みます。

 

他の接続方法よりも比較的安く契約できます。

 

 

 

 

② モバイルルーター

 

『モバイルルーター』とは、持ち運びできる、携帯電話のちっちゃい奴のような箱

を経由して、パソコンやスマートフォンをインターネットに接続する方法です。

 

 

【メリット】としては、設置工事がいらない。

 

契約した後、4日ぐらいで届いて、すぐ使える。

 

自宅以外にも持ち運べて、外でも接続が可能。

 

 

【デメリット】は、持ち運ぶうちになくしてしまったり、落してしまう危険性がある。

 

使いたい放題ではなく、3日で10ギガ等、データー量に制限がある。制限を超えると

インターネット接続が遅くなって使い物にならない。

 

しかし、3日で10ギガは、一人で使い切る事はほとんどないと思います。

 

ずーと動画を3日間ひたすら見たりしなければ、まず達しない容量と思われます。

 

無線なのでパソコンが無線接続(WI-FI(ワイファイ)接続)に対応している必要がある。

 

もしくは無線に対応させる為、何かしらの接続器具を購入したり用意する必要がある。

 

 

 

『項目別の使用ギガ数の目安』です。

 

(GB→ギガバイト) (M→メガ、1000M→1GB)

 

① メール送受信         →  1GBで、約2,000通(添付ファイル含む)

 

② ニュースサイト閲覧      →  1GBで、約2,500ページ

 

③ ゲームアプリ使用       →  ダウンロードするデータが数百M~数GBの物もあります。

 

④ 音楽ダウンロード       →  1GBで、約250曲

 

⑤ YouTube等動画視聴(中画像)  →  1GBで、約3~4時間

 

⑥ LINEメッセージ        →  1GBで、約50万回

 

 

 

 

 

③ ソフトバンクエアー

 

こちらも工事不要で、20センチくらいの箱が届きそれをコンセントに差すだけで

その箱経由でインターネットに繋がるというものです。

 

モバイルルーターに似ていますが、ちょっと大きさが大きいのとコンセントに常に

繋いでおかないといけない所が違います。

 

ただ、3日で10ギガ等の使用データー容量制限などは書いていなかったので、使いたい放題のようです。

 

そして、工事いらずで届いてからすぐ使えるのも魅力です。

 

しかし、住所によって速度が出るエリアと出ないエリアがあるようです。

 

 

 

 

 

④ テザリング

 

こちらは、スマートフォンが持っている機能になります。

 

ですので『テザリング機能の無いスマートフォン』では使えません。

 

こちらは、『スマートフォン』を経由してインターネットに接続する方法です。

 

一時的に繋いだりするのには向いていますが、常にこの機能を使いますとスマートフォンの

ギガ数を使いこんでしまいますので、月の契約データー使用量にすぐ達してしまう可能性があります。

 

ただ、スマートフォンの月額だけで済みますので、コストはかかりません。

 

 

 

今現在インターネットを使用するには、大体この4つの方法と思われます。

 

 

 

 

 

 

今紹介した中から接続方法を選ぶ!

 

うーむ・・・・。

 

一番いいのは工事のいらない『モバイルルーター』なのですが・・・・。

 

やはりギガ数制限がネックです。一人ならいいのですが家族とかがいますと

 

それぞれ、ネットで動画などを見た場合1日で5~6ギガ行く可能性があります。

 

そうなりますと3日で10ギガはどうだろう・・・・・となってしまいます。

 

 

では、『ソフトバンクエアー』!こちらも魅力的な商品です。

 

工事いらずでデーター制限もない!・・ただ・・光回線の『マンションタイプ』に比べると

 

月額が高めです。

 

そして、4年間継続使用しないと『違約金9,500円』かかるというルールもあります。

 

『ソフトバンク』特有の契約に裏がありまして、まず『エアー』本体は58,320円で購入という形に

なります。

 

3年間毎月1,620円づつ割引がついて、3年間合計で58,320円の割引で実質本体代はゼロ!

・・・なのですが。

 

2年縛りがありまして、本体代払い終わった3年目に解約すると『違約金9,500円』。

 

とりあえず後一年継続して4年目で解約すれば違約金がかからないというカラクリになっています。

 

ですので、4年使う覚悟と、戸建住まいの方は、もしかしたら『エアー』の方が安くなる

かも知れないので、お勧めです。

 

 

とりあえず、私は自宅が集合住宅ですので『マンションタイプ』が適用されます、月額で

一番安い、『光回線のマンションタイプ』の種類で契約する事に決めました!!

 

 

 

 

 

 関連記事こちら

 

 

次の記事では光回線の選び方と光コラボとは何かを

紹介しています。こちら  ↓↓

 

光回線の選び方!光コラボとは?代理店とは?実際選んでみました ②

 

 

 

 

 

 

 

 その他インターネットに繋ぐ方法別、申し込み先を紹介します。

 

 『工事不要』『毎月の利用データの制限もなし』でインターネット接続が使用できます。

 

ただ、利用出来るエリアがまだ狭いのでお住まいの住所が対応しているか確認が必要です。

 

 

★ 『ソフトバンクエアー』の申し込みはこちらから  ↓↓

 

 

 

 

 

 

 『工事不要』設定不要、届いたらすぐ繋がります。外にも持ち歩いて、無線パソコンやタブレットがインターネットに

接続できます。

 

しかし『毎月の使用データーの制限があります』ので注意しましょう。

 

 

★ モバイルルーター UQ(ゆーきゅー) WiMAX(わいまっくす) こちら ↓↓

 

 

 

 

 

 設置工事が必要ですが、『毎月のデーター制限なしインターネット使いたい放題』で『通信も安定』の

ひかり回線。

 

今は、NTTのフレッツ光よりも、『auひかり』の方が、『キャッシュバック(契約時お金が返ってきます。)』の

金額が大きいのでオススメです。

 

 

★ ひかり回線  『auひかり』 こちら ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 設置工事が必要ですが、『毎月のデーター制限なしインターネット使いたい放題』で『通信も安定』の

ひかり回線。

 

『auひかり』と同じく今は、NTTのフレッツ光よりも、『キャッシュバック(契約時お金が返ってきます。)』の

金額が大きいのでオススメです。 

 

そして、大手日本の会社『ソニー』が実施している回線ですので安心な『世界最速』インターネットです。

 

 

★ ひかり回線  『NURO(ニューロ) 光(ひかり)』 こちら ↓↓

 

 

 

 

 

 

 設置工事が必要ですが、『毎月のデーター制限なしインターネット使いたい放題』で『通信も安定』の

ひかり回線。

 

キャッシュバックの金額が少なくなってしまい、今は『auひかり』や『NURO光』の方がオススメですが

どうしても『NTT』の回線でないと嫌だ!!っとこだわりのある方でしたら・・・・。

 

キャッシュバックが高めで、実績のある『NTTの販売代理店』を紹介します。

 

 

★ ひかり回線  『フレッツひかり』 こちら ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

ふう・・・・疲れた・・・。ようやくインターネットの種類が決まりました・・・・・。

 

しかし、ここからが一番難しい・・・・。

 

光回線を扱っている業者が多すぎる!!

 

『なんちゃら光!』という商品が多すぎるんです!!

 

次回はこの続き、『光回線』の種類についてと選ぶまでを紹介致します。

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ