パスポートを初めて発行してみた!証明写真を自分で取って印刷する方法(1)

パスポートを発行する時に、必要な物の一つに『証明写真』があります。証明写真といいますと機械で自動で撮ってくれるものや、写真屋さんで撮影してもらうなどの方法がありますが。

 

今回は、スマートフォンで撮った写真を家庭用プリンターの写真用用紙で印刷して、

申請が通るのか?やってみました!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 パスポートの証明写真は、自身で撮影したもので大丈夫なのか?

 本当は、ちゃんとお金をかけて撮影した写真が一番いいそうです!!

今回、私は自宅で撮った写真を印刷して持って行きましたが、本来は写真屋さんで撮った写真が

間違いないそうです。

 

これは、パスポート発行の窓口の方にいわれました。

 

自宅ですと、光が足りなくて顔の色がうまく出なかったり、後ろの影が入ってしまったり、

顔が傾いてしまったりなど、うまく撮影しないと審査に通らない場合があります。

 

そして審査の通った後、行った先の国の検問が厳しい所ですと、止められて通るのに時間がか

かってしまう事もあるそうです。

 

そして一度申請が通りますと、次の更新時期まで、5年か10年は、写真の変更は出来ない

との事でした。

 

ですので、本来は写真屋さんでちゃんと撮影するか、パスポートセンターの近くには、

証明写真を撮ってくれる写真屋さんがあったり、旅行用品を扱う店が証明写真のサービスを、

行っていたり、すこし時間に余裕を持って行けば現地で用意できる可能性もあります。

 

ですので、どうしても本人が写真を撮りに行けない場合に、こんな方法もあります。

 

という感じで参考にして頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 パスポートの『証明写真』を自身で用意するのに、必要なものは?

今回、パスポートの証明写真を自分で用意するのに使用した物はこちらです。

 

 

① パソコン

 

② スマートフォン

 

③ 証明写真加工ソフト

 

④ 家庭用卓上プリンター

 

⑤ 写真用プリンター用紙

 

 

こんな感じです。

 

スマホで撮影した写真を、パソコン上の『証明写真加工ソフト』で編集して印刷します。

 

 

 

 

 

 パスポート用の証明写真を自分で撮る場合の注意点

 

このライチュウ君の写真をモデルに紹介したいと思います。

 

パスポート用の写真は、他の証明写真よりもかなり審査が厳しいです。

 

頭の位置、あごの位置、センターの位置なども、端から何センチからとかかなり細かく

決まっています。

 

自分で合わせるのはかなり難しいので、後で『証明書作成ソフト』に調整してもらうの

ですが、それ以前にも、写真を撮る時に注意が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 パスポートの証明写真、こんな写真はダメ!!

審査の厳しいパスポートの証明写真ですが、実際に自宅で撮って持って行った写真で

指摘された部分を紹介します。

 

まずこちら。

 

写真に、影が入ってしまってます。こういう写真もダメになる可能性大です。

 

 

そしてこちら。

 

 

顔、身体が傾いています。

 

無意識にちょこっと傾いていたり、片方の肩が下がっていたりして顔が傾いて

いると指摘されてしまいます。

 

 

 

そしてこんなのもダメ。

 

 

 

しっかり正面を向いていないとダメです。これも指摘されて取り直しになります。

 

 

後は、自宅の蛍光灯ですと、全体的に明るさが足りず、顔の色などがうまく出なくて

指摘される事もあるそうです。

 

 

 

 

 パスポート証明写真の指摘事項を注意して撮った写真がこんな感じ。

 

一応これが、指摘事項を注意して取ってみた写真です。

 

まっすぐを向いてますし、壁から少し離れて影も消えています。

 

頭の上のスペースを少し余裕を持って取ります。

 

このぬいぐるみは、良く見るとウインクしてしまっているのですが、ウインクしちゃダメです。

 

ぬいぐるみのチョイスを誤りました、すいません。

 

後は、明るさですね~。

 

これでも明るさが足りないといわれてしまうかもしれませんので、かなり明るい照明がある

場所で撮るのが無難です。

 

 

 

 

 

 

 まとめ

という事で、パスポートの証明写真をもし自分で撮るなら、注意点を紹介しました。

 

次の記事では、パソコン上にソフトを入れて、写真をパスポート証明書サイズに加工して

印刷してみようと思います。

 

 

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。エーチュボース!!

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ