部屋の窓の寒さを何とかしたい!プチプチ断熱シートを買ってみた! 

外は雪。しんしんと冷えるこの部屋を何とかしたい!!暖房機器はコストがかかるので使いたくない!!何処からこの冷気は来るのだろう。

 

窓だ!絶対窓から部屋が冷やされている。

 

しかし、レースカーテンだけでは寒い、厚手のカーテンはお金がかかる。

 

という八方ふさがりの状況で救世主的アイテムを見つけました。

 

部屋の窓の内側に『水で』張るタイプの断熱シートがありました、実際購入してみました

ので紹介致します。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 窓貼り断熱シート『キューブ』を使用した結果、かなり万能でした!!

 窓の断熱シート『キューブ』の販売ものは何処でしょうか?

 

こちらが『窓の断熱シート・キューブ』です。

 

 

製造・販売している会社は

 

東和産業株式会社 

 

収納・バス・キッチン・トイレ・洗濯・レジャー・清掃用品・その他の用品

便利グッズ等も数多く取り扱っている会社です。

 

 

 

 

 

 『窓の断熱シート・キューブ』が万能な理由!!

 

この断熱シートの凄いところは、冬暖かく、夏は涼しい、と冬夏の両方

の季節で使用出来るという事です!!

 

今回は、冬が寒過ぎて張り付けましたが、冬が終わってもはがさなくていいんです!

 

そのまま夏に突入しても張り続ければ、冷気を逃がさず冷房代の節約になります。

 

 

ちなみに冬場の『熱の漏れにくさ』テストでは

 

窓に断熱シートを張った時と張って無い時では『約2.4℃』も差が出ます!!

 

 

続いて夏場の『熱の入りにくさ』テストでは

 

夏場は外からの日光の光などで、部屋が暑くなりますが、断熱シートを張っておくと

『約1・6℃』も部屋の温度が下がります!!

 

 

そして、曇りガラスではない窓でしたら、この断熱シートを張っておけば、外から

部屋の中を見られなく出来ますし、外の光もちゃんと入ってきますので明るいです。

 

断熱と合わせて一石二鳥の万能さです。

 

 

 

 

 

 『窓の断熱シート・キューブ』を実際はってみました。

 

霧吹きが必要と書いてありましたが、美味い事窓が『結露』していて、水滴が付いていましたので

断熱シートを窓の長さに合わせて切って、そのまま張り付けました。

 

意外と剥がれないで付きましたよ。

 

もし窓が結露してなかったら、水を手に付けて、昔の手で伸ばす『のり』のようにシートに

水を塗れば、霧吹きをわざわざ買わなくてもイケる、というのがわかりました。

 

 

 

この窓は、すりガラスで若干デコボコしているガラスですが、問題なく張り付きました!

 

よく見るとだいぶ、つぎはぎで貼り付けているのですが、シートとシートの間に少し隙間が

出来てしまっても、断熱はそんなに気になりませんでした。

 

つぎはぎで大丈夫です。その方がシートが無駄にならなくて済みます。

 

 

 

もう一つの心配事『断熱シートを張ってしまうと窓が開かなくなるのでは?』という問題

ですが、大丈夫でした!!

 

全然普通に開きました!!

 

 

 

 

 

 

 まとめ

という事で、窓から入る冷気に悩まされている方。

 

風邪をひく前に是非『窓の断熱シート・キューブ』をお試しください!!

 

ストーブでの部屋の暖まり方も早いです!!そしてなにより昼間はカーテンを開けれるので

明るいのです!!おすすめです。

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。エーチュボース!!

 

 

 

 

 

 

 今回紹介しました窓の断熱シートの購入先です!

 

★ 節電にもなります!窓の断熱シート

 

キューブ こちら  ↓↓

 

窓貼り断熱シート(40×210cm)

価格:822円
(2018/2/1 00:59時点)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ