信玄餅には『桔梗屋(ききょうや)』と『金精軒(きんせいけん)』のもの2種類あった!

『信玄餅(しんげんもち)』というお菓子があります。特徴的な容器に入っていて、一口だいに切ったおもちが2つ、きな粉と黒蜜をかけて食べる和菓子です。

 

きな粉が大好きなので、きな粉と黒蜜とおもちのハーモニーがたまらない、大好きな

スイーツの一つです。

 

なかなか売っていなくて、旅行先で見つけて買ってくるのですが、あっという間になくなります。

 

そこで、ちょっと気付いた事が。

 

信玄餅の袋とか、容器とか、中身とか、ほとんど同じなのに、なんか味が違う・・・。

 

と思った方いませんか?

 

実は、『信玄餅』を作っている会社が2つあったのです。

 

『信玄餅』を好きついでに紹介致します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 なんか味が違うと思ったら『信玄餅』は2種類あった!!

 『信玄餅』とは?

 

『信玄餅』とは、こんなかわいらしい袋に入った、和菓子です。

 

信玄餅は2つの会社から出ているのですが、両方ともほぼおんなじ容姿で販売している

んですよ~。

 

ちゃんと見ないと、わかりません。

 

商品名でいいますと、

 

『桔梗屋信玄餅(ききょうやしんげんもち)』と、普通に『信玄餅』がありまして、

上記写真は、『桔梗屋信玄餅』の方です。

 

今回はこちらの方を、買って食べました。

 

 

 

 

 

 

 信玄餅は、『桔梗屋』と『金精軒』の2つの会社から出ている!!

出典:Wikipedia

 

この、ウィキペディアに出ていた写真!!

 

え~と。

 

左が『桔梗屋さんの桔梗屋信玄餅』、右が『金精軒さんの信玄餅』。

 

分からんわーい!!こりゃわからん。

 

どっちだったのだろう、あの感動するほど美味しかった『信玄餅』は・・・。

 

見た目一緒だからわかんない。会社名まで見ないし。

 

でもですね~今回食べた『桔梗屋信玄餅』は、餅がくっついていたのですよ、容器に

餅が三つ入っているんですけど、くっついちゃってとれなかった。

 

前の信玄餅はそんなこと無かったんです。たまたまかもしれないけど・・・。

 

前に食べたのは、『金精軒』さんの信玄餅だったのかな?・・・・。

 

 

 

 

 

 

 『信玄餅』の元祖は『桔梗屋』『金精軒』どっち?

両方とも山梨県のある会社のようなのですよ~。

 

『桔梗屋』は山梨県笛吹市(ふえふきし)にあるお菓子メーカーです。

 

『金精軒』は山梨県北杜市(ほくとし)にあるお菓子メーカーです。

 

 

どちらが信玄餅の元祖かといいますと、少し複雑です。

 

まず1968年に桔梗屋さんが『信玄餅』という商品を出すのですが、それ以前に金精軒さん

が『信玄最中』という、信玄餅とは全く違うのですが、名前が似ている最中のお菓子を販売して

いた為、『信玄餅』という名前では似すぎていて通らず、『桔梗屋信玄餅』という名前になり

ました。

 

その後、『金精研』さんからもおんなじような商品を『信玄餅』という名前で販売した。

 

という経緯があるそうです。

 

なので、元祖は『桔梗屋信玄餅』なのかな・・・。って感じです。

 

では、各会社の公式サイトを見てみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 まずは『桔梗屋』さんの桔梗屋信玄餅は?

出典:桔梗屋 公式サイト

 

 

桔梗屋さんの公式サイトには、信玄餅は『安倍川餅』をヒントにしたと書いてありました。

 

そして、特徴的なかわいい包装紙や、斬新な容器とかも、桔梗屋さんが初めに発案した

ようです!!

 

公式サイトで『信玄餅』が出来るまでが漫画になっていますので、そちらも面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 次に『金精軒』さんの信玄餅は?

出典:金精軒 公式サイト

 

 

金精軒さんの公式サイトには、信玄餅の由来は戦国武将、武田信玄信が出陣の際、非常食糧として

欠かせなかった切り餅にちなんで調味したものとされています。

 

なんかこの話は結構聞いた事がありますよね~。

 

武田信玄が好んで食べたみたいな・・・。

 

その他には、素材にこだわって出来た商品というのが伝わってきました!!

 

しかし、信玄餅の誕生秘話なんかは無かったので、やはり桔梗屋さんが元祖なのかな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 信玄餅の食べ方も『桔梗屋さん』が紹介しています!!

信玄餅で迷うのが食べ方です。

 

とりあえず、自分なりに『信玄餅』を食べてみました!!

 

まずはオーソドックスに

 

 

 

こんな感じで、上に黒蜜をかけて、混ぜていくパターンです。

 

これが一番お上品に食べれますね。

 

 

そして、ワイルドなパターンがこれ。

 

 

 

袋に全部出しちゃって、ぐにぐに手で混ぜる・・・・。

 

これは、美味しいんですけど、きな粉と黒蜜が袋について、若干もったいない事になります。

 

 

そんな、信玄餅の食べ方に迷った時。

 

桔梗屋さんで、食べ方を紹介してくれています!!

 

迷った方は、こちらも参考にしてみてください。

 

美味しい食べ方が見つかるかも・・・。

 

 

 

出典:桔梗屋公式サイト

 

 

 

 

 

 通販で『桔梗屋信玄餅』が購入出来ます!!

『金精軒』さんは、公式サイトのオンラインショップでしか通販をしてません

でしたが、『桔梗屋』さんは、楽天市場でも販売しています!!

 

こちらから

 

 

☆ 桔梗屋信玄餅6個入り

 

桔梗信玄餅(ききょうや)ききょうしんげんもち6ヶ入り

価格:987円
(2018/5/16 16:13時点)

 

 

個人的にはこちらもお勧めです。

 

☆ 桔梗屋プレミアム信玄餅アイス

 

桔梗屋 プレミアム桔梗信玄餅アイス

価格:346円
(2018/5/16 16:15時点)

 

 

 

 まとめ

という事で、今回は『信玄餅』について調べてみました!!

 

今一度、両方の会社の物を食べ比べてみようと思います!!

 

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。エーチュボース!!

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ