出産のお祝いに赤ちゃんの鼻水を吸う『電動鼻水吸引器』を選んでみた!!①

このたび親戚の方に、赤ちゃんが産まれました。そこで、出産のお祝いを送りたいと思っているのですが、何が良いか?

 

私も、子供を育ててきた『育メン』のはしくれですので、子供が赤ちゃん時代に

買っておいて助かった、買っとけばよかった、という商品がいくつか思い当ります。

 

『自分で購入するには高いけど、あったらとっても便利なもの』が贈り物には一番

良いと考えておりますので、ズバリこれです。

 

風邪で鼻が詰まった時、自分で鼻をかめない赤ちゃんやお子さんの為に!!

 

『電動鼻水吸引器』たるものがあるんです!!

 

『電動』というところがポイントなのですが、今回はこの『電動鼻水吸引器』について

調べて、紹介したいと思います!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 出産祝いに送りたい!!『電動鼻水吸引器』とは?

 鼻をかめない、赤ちゃんやお子さんが鼻が詰まって苦しんでる姿はつらい!!

子育てを経験された方でしたら、共感して頂けるのではないかと思いますが、

子供が赤ちゃんの時や3歳や4歳くらいまでかな~。

 

鼻が詰まった時に、まだ一人で鼻をかめない時期があります。

 

「ふんってかむんだよ」って言っても分かってもらえませんので、口呼吸のみになり

寝る時も苦しそう、フガフガ言っていて、もう見るに堪えない姿なのです。

 

出来れば、変わってあげたいと思ってしまいますがそうもいきません。

 

そして口呼吸になってしまうと、今度喉を痛め、更に喉の風邪になり、ガラガラ

のハスキーボイスになって更にかわいそうな事に・・・・。

 

親によっては、直接鼻に口を付けて吸ったりする方もいると思いますが、結構難しいの

です。

 

鼻の奥で詰まっている場合は、特にうまく吸いとれません。

 

結局、耳鼻科や小児科で鼻の奥を吸いとってもらうのが一番早くて本人もスッキリ

すると思うのですが、その為に病院に行くのも大変です。

 

その病院で更に、インフルエンザに感染なんて事も・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 赤ちゃんや子供の鼻が詰まって、自分でかめない時我が家では・・・。

我が家では、『電動鼻水吸引器』の存在は知っていたのですが、結構値段がはる事もあり

ケチってしまい、結局購入しませんでした。

 

その代わりに、子供の鼻が詰まった時に行っていた対策は。

 

① 手動はな吸い器(スポイト式)

 

② ヴィックス ヴェポラッブ

 

 

この二つで、凌いでおりました。

 

中でも『ヴィックス ヴェポラッブ』は、我が家ではヴェポと呼び、子供は嫌がって逃げ回り

ますが、必須アイテムでした。

 

 

 

 

 

 

 

 手動はな吸い器(スポイト式)とは?

出典:ピジョン公式サイト

 

 

我が家で使用していたのは、このピジョンの手動はな吸い器です。

 

650円程で購入出来て、安くて良いのですが、吸い力はちょっと弱いのです。

 

何回もシュゴシュゴして、むせる位までやるんですが、なかなか取りきれず

鼻の手前で詰まっていればOKなのですが、奥の方ですとかなり厳しいです。

 

お風呂場で、あったまりながら使ったり、色々試して、ひどい鼻詰まり出ない時

や、お出かけ先に携帯するのにはとても便利です。

 

 

 

Pigeon ピジョン ドクターはな吸い器

価格:487円
(2018/5/23 13:09時点)

 

 

 

 

 

 ヴィックス ヴェポラッブとは?

出典:大正製薬公式サイト

 

 

私も、小さい時に鼻が詰まったらこれを、塗りたくっていた記憶があります。

 

胸・のど・背中などに塗ると、スースーして若干スースー刺激が強いのですが、

しばらくすると、鼻の詰まりが通って呼吸がしやすくなります。

 

ただ、お子さんが小さい時にはスースー刺激を嫌がる事も多いです。

 

そして効き目に時間がちょっとかかる時がありますので、その辺が気になります。

 

しかし、今でも我が家では必須アイテムです。

 

公式には推奨されてませんので真似はしないで欲しいのですが、早く効いて欲しくて

鼻の下とかに塗ると、のたうちまわり、嫌がられますので注意しましょう。

 

赤ちゃんの場合は、生後6カ月から使用可能のようです。

 

 

ヴィックス ヴェポラッブ(50g)【ヴィックス(VICKS)】

価格:883円
(2018/5/23 13:30時点)

 

 

 

 

 いまさら後悔、買っておけばよかった!!『電動鼻水吸引器』

上記の2つのアイテムで、頑張ってきたのですが、今思うと買っちゃえばもっと苦しまずに

済んだのに。

 

と思うのが、『電動鼻水吸引器』なのです。

 

結局、『手動はな吸い器』と『ヴェポラッブ』ではどうにもならず、何回も耳鼻科や小児科に

連れて行きました。

 

結局、病院の吸引機で吸ってもらうのが一番早いのです。

 

さんざん病院で待ち、鼻を吸ってもらうだけ、1分くらいで診察は終わります。

 

そんな思いをするならば、買ってしまいましょう。自宅で出来るんですから吸引が。

 

使い方に気を付ければ、赤ちゃんにだって使えるらしいのです。

 

という訳で、結婚祝いには『電動鼻水吸引器』を送ってあげたいと思います。

 

赤ちゃんに使う商品ですので、安全性、品質、耐久性などなど、しかも自身で使用する訳では

ないですので、変なものを送るわけにはいきません。

 

あらゆる面で、安全な商品を選ばないといけません。

 

次記事より、どの『電動鼻水吸引器』なら安全で簡単で衛生的に使えるのかを調べていきたい

と思います。

 

 

 

 

 

 

 まとめ

という事で今回は、『電動鼻水吸引器』の紹介まで行きませんでしたが、次記事からいよいよ

代表的なメーカーとかを絞って、どの商品を購入するべきかを決めていきたいと思います!!

 

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。エーチュボース!!

 

 

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ