独学で行政書士に受かるのか?過去問の答えを暗記してみる『行政書士の平成25年過去問』 (33)

行政書士試験という国家試験を「法律ど素人の40代のおっさん」が、過去問だけを独学で勉強して合格することが出来るのか?、というのを実際に行ってみたという記事です。

 

勉強の仕方は、こちらの『行政書士5年間の過去問題集』を使用して、解説を見ながら、スマホで調べ

ながら、黙々と過去問を解いていくという方法で行います。

 

みんなが欲しかった!行政書士の5年過去問題集 2018年度版/TAC株式会社(行政書士講座)【1000円以上送料無料】

価格:2,592円
(2018/7/2 13:52時点)

 

と、上記の方法で1ヶ月以上、地道にやってきたのですが、時間が足りない、そしてまともに

覚えてたら覚えきれない。

 

という事に気づきまして、まっとうに覚えるのをやめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 行政書士試験、過去問を暗記する方法で受かるのか!?

 ちょっと勉強の仕方を、暗記の仕方を変えます。

まともにやってたら点数が取れないというのがわかりましたので、過去問を解くための

キーワードだけ暗記する方法で行こうと思います。

 

意味は、後から覚えるという事で、とりあえずこの語句だけ覚えてれば、過去問を解ける

って感じで覚えてって、次の年の過去問で何点取れるのか?

 

をやっていきます。

 

判例とか、意味とか、すっ飛ばしていきます。

 

 

 

 

 

 

 『行政書士平成26年度の過去問』問1~問3

問1

 

この問題は、よっく読めばわかります。

 

知識いらないです。

 

 

 

 

問2

 

ア 〇   消費者団体 = 差し止め出来る。と覚える。

 

イ ✖   集団代表起訴は、廃止されてない。と覚える。

 

 

なにが?と思うでしょうが、それは考えない・・・。

 

 

ウ ✖   刑事だけ = 公判前整理

 

エ 〇   検察が控訴しない = 2回の場合弁護士が公訴できる

 

オ 〇   法テラス = 犯罪被害者支援

 

 

これだけ覚えれば、解けます。

 

わけわかりませんが、問題も読まず、この語句だけ探しましょう。

 

 

 

 

問3

 

ア   違法な『不作為』

 

イ   『法の下の平等』原則違反

 

ウ   合理的『拡張』論理

 

 

 

穴埋め問題ですが、前の語句と一緒に覚えちゃいましょう。

 

 

 

 

 

 

 『行政書士平成26年度の過去問』問4~問6

 

問4

 

1 ✖  私人間は憲法あてはまらない

 

2 ✖  私立学校の退学処分許される

 

3 ✖  性別による差別は認められない

 

4 〇  自衛隊基地は9条違反じゃない

 

5 ✖  企業者が労働者を不利益にしちゃダメ

 

 

謎の呪文みたいですが、意味は考えず覚えましょう、呪文を。

 

 

 

 

問5

 

1 ✖  アメリカ = 行政府である、解散・不信任ない

 

2 ✖  内閣への追及機能しづらい

 

3 ✖  議会の立法権は、国民を制限、から国民の権利を守るものへ

 

4 〇  読んでも意味は分らんが、他が全部✖だから

 

5 ✖  フランス・ドイツは政府と裁判所が反目、行政事件は行政。

 

 

 

 

 

 

問6

 

ア ✖  会期 = 国会

 

イ 〇  議員資格 = 議院

 

ウ ✖  弾効 = 裁判所

 

エ 〇  議院規則 = 議院

 

オ 〇  国政調査 = 議院

 

 

 

 

 

 

 

 『行政書士平成26年度の過去問』問7~問9

問7

 

 

1 ✖  取材の自由 = 憲法の下にない

 

2 〇  82条 =  国民の信頼確保

 

3 〇  21条 =  派生の原理

 

4 〇  21条 =  表現の自由

 

5 〇  傍聴人のメモは自由

 

 

 

 

 

 

問8

 

 

ア 〇  地方入札   =   容認される

 

イ 〇  地方・第三セクター   =   逸脱・濫用で判断

 

ウ ✖  タクシー   =   裁量あり

 

エ 〇  水道法    =   違法じゃない

 

 

こんな覚え方でいいのか?

 

考えずに進みましょう・・・・・。

 

 

 

 

 

 

問9

 

1 ✖  行政財産 = 限られない

 

2 〇  行政庁がその裁量 =  違法にならない

 

3 〇  行政主体 =  主張許されない

 

4 〇  行政主体 =  責任負う

 

5 〇  審査請求 =  変更できない

 

 

 

 

 

 

 

 まとめ

どうですか?わけわかんないでしょう?でも、上記の語句を関連させて覚えておくと

行政書士平成25年の過去問は、解けます。

 

他の年の過去問でも通用するのか?

 

とにかく、25年・26年を同じ方法で、算出していって27年度の過去問がどれだけ

解けるのか?

 

それをやっていきたいと思います。

 

今から合格するにはそれしかない・・・・。

 

 

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

それでは、次記事も宜しくお願い致します。エーチュボース!!

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ