アイスクリームダイエット!正しいアイスの選び方は? ②

前回の記事で、『アイスクリーム』が以外にも、ダイエットに適している食品である、とご紹介しました。その根拠として、豊富に含まれる『栄養素』の話もしました。

 

そこで、キーワードは『乳脂肪』がちゃんと含まれる商品であるか?が大事になってきます。

 

今回は、『アイスダイエットに適した』アイスの選び方をご紹介致します。

 

 

 

アイスクリームは含まれる乳成分の量で種類が分かれる!

アイスの種類に注意しましょう!

『アイスクリーム』は、乳成分の量によって『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』『氷菓(ひょうか)』の4種類に、分けられていて、これらの定義と成分規格は、法律によって定められています。

 

まず、アイスの入っている、容器の横や蓋などに表示してある『製品の成分表』を確認する必要があり、そこには名称として上記のが必ず記してあります。

 

 

 

アイスクリームの種類別の成分は?

アイスクリーム

乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれており、ミルクの風味が豊かに感じられます。

 

乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上含まれるもの。

 

 

※乳固形分

乳脂肪分と無脂乳固形分を合わせたものです。

 

※乳脂肪分

牛乳中の脂肪分のことです。

乳脂肪分はアイスクリームの風味や組織に大きな影響を与え、特有の口あたりのよさと滑らかさをつくります。

 

※無脂乳固形分

牛乳の中から水分と脂肪を除いたものの総称で、『たんぱく質、乳糖、無機質』を含む。
アイスクリームにミルク風味やコク、組織に滑らかさを与えます。

 

 

 

 

アイスミルク

乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。
植物油脂が使われることもあります。

 

乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上含まれるもの。

 

 

 

ラクトアイス

乳固形分はさらに少なく、植物油脂が多く使われています。

 

乳固形分3.0%以上含まれるもの。

 

 

 

氷菓

乳固形分はほとんどありません。果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。

 

 

 

アイスクリームダイエットに適したアイスは?

乳脂肪分豊富の『アイスクリーム』が最適!

この中でダイエットに適したアイスは、一番、乳脂肪分が含まれている『アイスクリーム』になります。

 

そして味は『バニラ』味!

 

バニラの香り成分には、副交感神経の働きを優位にして食欲を抑える効果が期待できます。

 

また、効率のよいエネルギー源である脂質が補え、満腹感が得られるので、少量でも満足でき食べ過ぎを予防できます!

 

 

 

まとめ

という事で、『アイスクリーム』の種類について、紹介致しました。

 

乳脂肪の多い商品の方が、太りやすいイメージがしますが、実はそうではなく、乳脂肪自体はエネルギーに変わりやすい脂肪になりますので、適量を食べる分にはダイエットのお供になりうる商品なのですね。

 

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
ブログを書いている人物紹介

『mametaro』と申します。詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ